葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

市販されている食品のう

市販されている食品のうち、葉酸を多く摂れるのものは目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して個別の審査を行い、その食品を認可すれば、特定保健用食品の名称とマークの使用が可能になります。

食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば消費者庁の基準を満たした食品であることの証明ができるので、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も商品選択の基準になりますね。

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方がけっこう見受けられます。

当然知らなければならないのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

名前の通り、葉酸は確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。

 葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。

妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。

葉酸は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸が有効だといわれています。

ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にも多量の含有を期待できますが、いろいろな種類のサプリメントもあるので日頃から野菜不足を感じている方や先に挙げたような野菜が苦手な方には特に良いでしょう。

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はちらほらいらっしゃるようです。

この便秘を防ぐためにも、腸の中で細菌が正常に働いていないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素は吸収されず、十分に体内で働かなくなります。

腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は体内に吸収されるので、葉酸などの栄養摂取とともに腸内環境を正常にすることも意識することが求められます。

お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後から葉酸サプリメントを飲むようになりました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと妊娠判定の席で言われたのですが、サプリメントを飲む時期の終わりは言われた記憶がありません。

1袋空いたところで良いかと思い、葉酸サプリは一旦卒業しました。

けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、再開したのです。

コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かによく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、体を温める必要のある妊活中には避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。

とはいえ、普段からコーヒーを愛飲していて飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。

そんな人はせっかくコーヒーを我慢しても、そのストレスが逆効果になりますから、1日あたり3杯を限度として楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。