葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

食材としては、レバ

食材としては、レバーやほうれん草に葉酸が多く含まれるものです。

しかし毎日食べ続けるのは無理な話で、毎日十分な量を摂るのは困難でしょう。

きちんと葉酸を摂り続けるためには、食事だけを頼りにして所要量を満たそうと考えず、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。

自分の食生活や生活習慣をよく考え、十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。

妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。

不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。

妊活中に不足しやすい葉酸には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。

それに、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦共に非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。

いわゆる貧血が起こるのは様々な理由で鉄分が摂れていないからかと一般的には考えられていますが貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分の摂取不足のみが原因だとするのは間違いです。

鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、葉酸も強化して摂取することでより早く貧血が改善されたという例もあるのです。

いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった婦人科面での要素と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性由来のものとが考えられるでしょう。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女双方が検査を受けることが必要です。

妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないと誰でも知っていますが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで精子卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。

受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、多くの葉酸を使わなければなりません。

従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

妊娠したい女性は特に栄養の不足や偏りに注意すべきですが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすい性質を持った栄養素なのです。

葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。

葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは従来から挙げられています。

末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでそのような症状に思い当たるところがあれば葉酸を多めに摂るようにしてみると症状の改善につながるのではないでしょうか。

また、ビタミンEを同時に摂ると相乗効果が期待できると覚えておいてください。