葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠してから時間をおいて

妊娠してから時間をおいて、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば一日でも早く葉酸摂取を始めてください。

子供がすこやかに発育し、生まれてこれるように生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。

葉酸が十分に摂取できていなくて、葉酸不足の心配があれば、どんな手を使ってでも妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう必要な手を打っていくことが求められます。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。

こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

昨今、巷で「妊活」が話題となっています。

妊活というのは、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。

当然のことですが、性交すれば絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠を成立させる確率をアップするための手段といえます。

それと同時に、元気な赤ちゃんを産むためにする数々の方法も含まれます。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

血行を良くして、自律神経に働きかけ、体全体をリラックスさせる効果があります。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

葉酸は、この時に重要な働きをします。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外に何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からないですよね。

簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

妊活において日常生活の中でも意識して変えていきたいのが、骨盤の歪みを矯正することです。

近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済むお手軽なストレッチを紹介する動画もたくさん見られるようになってきました。

直接的に妊娠に繋がる子宮や卵巣は骨盤内にあるのです。

歪んだ骨盤を整えて血行を促進してあげれば妊娠しやすくなりますから、妊活にぴったりの方法だと言えますね。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。

普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。

ですのでサプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも見かけますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。