葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活している方にとって、コーヒーの

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。

すなわち、妊活中は控えるに越したことはありません。

とはいっても、今までコーヒーをいつでも飲んでいて控えると逆にイライラするという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日2杯から3杯を上限に楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

様々な努力が必要な妊活の最中、特に気にかけるべきなのはストレスへの対処です。

ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流を悪化させます。

結果として、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

仕事を持つ方でストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、仕事を休ませてもらうことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。

葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。

十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。

そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。

妊娠前もそうですが妊娠中も同じように極力、体に悪い影響をもたらすものを避ける必要があります。

そういう観点から、妊活を行っている間は喫煙を控えましょう。

タバコは他の嗜好品がそうであるようにリラックス効果はあるものの、健康を損ねる恐れがあります。

習慣的にタバコを吸う方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「別のサプリメントを飲んだ方が良いんじゃない」ときっぱり言われたのです。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思って妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。

サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。

不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性側に原因があることとが考えられます。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

不妊対策をしたいと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。

カフェインは、妊活をしている間は避けたいものです。

そのため妊活中はとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。

何故かというと、まず一つは体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。

一例を挙げれば、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

さらには、リラックスした気分になれる効果も期待できます。

妊活している間は特にストレスを溜めてしまわないよう注意しなければならないのですが、そのストレスを解消させる働きがあります。