葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

女性は妊娠前も妊娠している間も可能

女性は妊娠前も妊娠している間も可能な範囲で健康に良くないものを排除する方が賢明です。

なので、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。

タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体に悪いものです。

現在喫煙者中の方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。

コーヒーに含有されているカフェインという物質は冷えを招くことがあります。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の機能低下を起こすのです。

コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、摂取は控えめにした方がいいでしょう。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含有していますから、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸産婦人科においても妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

それから、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12の値があります。

というのも、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12不足がはっきりしない場合があるので、注意が必要です。

確かに葉酸は様々な良い作用をします。

そのため不足するよりは多く摂った方が良いとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方もどこかにいるのかもしれませんが、過剰に葉酸を摂取することが続くと様々な副作用を起こします。

症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。

呼吸障害が起きる大変な事態になることもあります。

葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。

食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。

自明のことですが、妊娠や出産は、夫と妻の協力が不可欠です。

それはどういう事かといいますと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。

実際に子供を産むというのが女性だからといって、ひょっとすると、女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、男性も一丸となって取り組まないと、妊娠の可能性は落ちてしまうかもしれません。