葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

一般的に女性はどんな形であれ

一般的に女性はどんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。

それはどうしてかといいますと、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠が分かっていない時期に、お酒が胎児に影響しないようにするためです。

また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、体が冷やされるので妊娠しやすい状態であるためには注意すべきものであるためです。

胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするためにビタミンB群である葉酸の効果が認められています。

妊娠したら葉酸を多めに摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。

毎日きちんと葉酸を摂ろうとするとごく当たり前の食事をとっている限り胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。

サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは継続して摂取することが望ましいです。

生食だけでなく、料理の素材としても使われるそのクリーミーさが独特のアボカドは、炭水化物や脂肪だけでなく、葉酸というビタミンも多く含まれる食材です。

人の身体にとって、葉酸はたくさんの重要な役目を果たしています。

鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、妊娠初期から出生前の胎児に十分に栄養素が届くようにするなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、そう簡単には妊娠できず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、早々に下の子ができました。

費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。

妊活中は体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。

冷えは血行不良を引き起こしますので、子宮や卵巣の機能を不調にさせるおそれがあります。

冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、ソックスを使って簡単に冷えを抑える「冷えとり健康法」を生活に取り入れてみるなどして体を温めて、冷えを改善して血行を良くするようにしてください。

少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちに冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活時には、できるだけ体の熱を奪うような飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

それに対して、ホットな飲み物をとることは血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。

生活全般で日頃から体を冷やさないように気を付けてください。

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか分からない女性も相当数いると思います。

この答えは、未婚か既婚かは問わず、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでも行うべきものだと言っても過言ではありません。

皆さんは妊活というと「すぐに妊娠したい女性がするもの」と思うかもしれませんが、それだけを意味するのではなく、体を妊娠しやすい状態に整えるために行われる活動のことです。

なので、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。