葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の中に赤ちゃんがい

お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後から葉酸サプリを購入して飲み始めました。

飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では強く言われましたが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては結局聞きそびれてしまいました。

ですから、1袋が終わったところでサプリメントを飲むのは止めました。

けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、葉酸サプリをまた飲むようになったのです。

食生活に気を付けたり、適度な運動を心がけたりと、妊活を継続して行っていると、徐々に中には疲れてくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時は気持ちの切り替えもかねていわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。

物は試しで、神様に頼んでみることも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。

食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸を多く含む食材にこだわるというのは普通の人には耐えがたいことでしょう。

誰にでもできる葉酸の摂取方法として、手軽なスムージーも良いでしょう。

作り方といえば、ミキサーに葉酸の豊富な野菜や飲みやすくするための果物、水分を入れれば水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。

妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。

多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。

すなわち、妊活中は控えるに越したことはありません。

ですが、コーヒー好きで我慢できないという人は、せっかくコーヒーを我慢しても、そのストレスが逆効果になりますから、過剰摂取にならない1日3杯程度までを楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がほとんど常識になっています。

赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、母体の健康を保つという観点からも欠かすことのできない栄養素なのです。

それでは、いつ必要になるのかと考えてしまう方が多いでしょう。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。

出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

とりわけて適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は重要な効果です。

ですから、妊娠を計画をしている方は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが良いと思います。

ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。

葉酸のサプリであれば計算や摂取も難しくないですから是非試してみてください。

赤ちゃんが欲しいと思っている方は栄養不足にならないよう注意したいものですが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。

葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく毎日補充しないと不足してしまう栄養素だということを頭に入れておいてください。

例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどにもたくさん含まれています。

その他の葉酸が多い食材も調べて、毎日食べるようにしてください。