葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠は母体の過ごし方

妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、その変化が身体にとってストレスとなり、自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。

ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは起きるというのが一般的な説ですが、自律神経の働きが影響しているものでもあるようです。

葉酸は、ストレスへの耐性を高めるために役立っており、結果的につわりを軽くする効果があるとされます。

葉酸という栄養素は意識して妊娠初期に摂取することで胎児の細胞分裂を促すといった発育にとって非常に効果的な面があるのは一般に知られています。

葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。

上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、女性は、妊娠前から妊娠中まで必要な量の摂取を心がけましょう。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、雑誌やインターネットのサイトで葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、同じことが書かれていたため、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。

マカというサプリメントは、男性のスタミナをアップさせるという作用があるものなのですが、その他にも期待できる効果があります。

妊活を頑張っている女性の、体の中の血液の巡りを良くしてくれるような作用があるため、妊娠しやすい体づくりに役立ちます。

それだけではなく、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、妊娠するためには重要となる基礎体温の変化も正常な状態になっていくので、体の中をより安定した状態にすることに有用であると言えるでしょう。

全ての妊婦から見て、とても重要な栄養素の一つが葉酸です。

葉酸といえば、葉物の野菜に多く含まれると考えてください。

よく知られている食材としては枝豆、ほうれん草などでしょう。

ことにほうれん草は妊娠していれば、葉酸と一緒に摂りたい鉄分も豊富に含んでいることで知られており野菜の中でも、おすすめできるものです。

私の考えでは妊活中にはカイロがかなり使えると思います。

靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、冷え性に悩まされている私はすぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。

これでは妊娠しにくいのも当たり前ですよね。

それでも、カイロ使いにより、冷えが緩和したのです。

皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、肌着や腹巻きの上から貼る使い方なら、妊活にたいへんおすすめです。

真剣な妊活を計画するならば、婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。

なぜかというと、検査を受けておけばもともと妊娠しやすい体なのか、何らかの異常の有無を早めに確認できるので、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。

医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、検査しないという選択肢は無いでしょう。