葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

適切な葉酸の摂

適切な葉酸の摂取の結果、胎児の先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかはトクホ(特定保健用食品)に指定され、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いそうなんです。

少子化が一つの原因となって、自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、日本の医学の現状では、確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。

それが分かっており、それにもかかわらず、挑戦してみたいという事であれば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、性交するという方法で可能かもしれません。

妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。

不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。

妊活中において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。

葉酸の成分には、貧血を防ぎ、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。

他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。

夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーのような飲み物が好きで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。

コーヒーに含まれているカフェインというものは、体を冷やします。

体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の動きが悪くなってしまいます。

コーヒーなどといった飲み物がお好きだったとしても、カフェインの摂取しすぎには注意してください。

最も妊活で重要なのは基礎体温を測るということです。

毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、自分の身体の状態がどうであるか把握でき、状態として妊娠しやすいかどうか、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など重要なデータを把握できるのです。

詳しく説明しますと、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすいのが特長の一つです。

他の性質としては、熱に弱いことも挙げられます。

どのように調理するかによって摂取量が半減することもあるくらいです。

ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることはなかなか難しいですよね。

調理するときも、葉酸の性質を頭に置いて長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。

広告を非表示にする