葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

食材としては、レバーや

食材としては、レバーやほうれん草に葉酸が多く含まれると知られていますが、継続して摂るとすれば無理があって、毎日十分な量を摂るのは困難でしょう。

葉酸の所要量を満たしていくためには、食事からの摂取のみで所要量を満たそうと考えず、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。

自分の食生活や生活習慣をよく考え、葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

昨今、妊活の一環として、お灸が注目されつつあります。

伝統の鍼灸療法によって妊娠しやすい体づくりが出来るうえ、副作用がないということも安心です。

妊活に効くとされているツボは多数あり、ご家庭でも可能なお灸なども登場し気軽に試すことができます。

良かったらやってみてはどうでしょう。

私は病院ですすめられ、妊娠してからすぐに葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと強く言われましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは一切話がありませんでした。

1袋飲み終わったのをきっかけに次を買いませんでした。

ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。

葉酸サプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期に入った頃、突然、赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで激しい下痢になってしまいました。

妊娠後期には、今度は貧血と診断されて産院で出された鉄剤を飲むことになりました。

後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。

妊活の最中はいつにも増して色々と気を使わなければなりません。

一例として、風邪薬を飲むことについては、それほどまでに深刻な影響は及びません。

そうはいっても、少しでも妊娠することに良くない影響が及んだらどうしようと悩んでしまう場合は、風邪薬を飲むことの影響について、お医者さんとよく相談した方がいいと思います。

ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに高じてくるということも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大切です。