葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの中でも、サプリ

ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸はことに妊娠初期の摂取で胎児の細胞分裂を順調にするなど発育発達によい作用があるのは有名な話でしょう。

この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物に多く含有されていますが、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、女性は、妊娠前から妊娠中まで必要な量の摂取を心がけましょう。

近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいますよね。

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。

妊活をするにあたっては、まずはきちんと産婦人科などに行って不妊検査を受けましょう。

特に異常が発見されなくても妊娠のための専門的なアドバイスや基礎体温から排卵周期を知って性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますので、安心です。

妊活をはじめる時から自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。

今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。

例えば、妊娠前から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に掲載されていました。

どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを服用するのが良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。

調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。

安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。

妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。

胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば妊活中であっても服用に問題はありません。

しかし、確認が必要になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。

とは言っても、身体に影響を与える事には変わりませんので、一般の市販薬や処方箋に限らず、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心だと思います。

これから妊娠したいと思っている方はビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。

最大の理由は、子供に起こる先天性障害の可能性を下げることが期待できるからです。

とは言っても、摂りすぎはどうなのかが気がかりな点です。

葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息の症状が出ることもあるようです。

摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。

とりわけ妊婦の場合、赤ちゃんが問題なく育つために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。

「葉」の「酸」なので、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、供給源として重要なのが果物で、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどんな食材に多く含まれているかを知って、毎食、確実に摂れると良いですね。