葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により

妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。

不妊体質とストレス。

この二つは密接に関わっています。

生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大切です。

本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

赤ちゃんは生後間もない時期に、盛んに細胞分裂を進めながら急速に発達していくのです。

そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。

さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸を毎日十分に摂っていければ最高です。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすいのが特長の一つです。

しかも、熱に弱いビタミンなのでどのように調理するかによって葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。

だからといって、生野菜を大量に食べようとしてもほとんどの方には不可能です。

このことを踏まえるなら、調理中も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食材から葉酸を効率よく摂るために欠かせないと言えます。