葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、大

もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、大事なことは質の良い睡眠をとるということです。

人間は睡眠が足りない状態が続くと、活性酸素が産生され、そのことが影響し、卵子精子の酸化が進んで、劣化します。

歳をとるごとに性機能が落ちていくのをなるべく防ぐために妊活時にはしっかりと睡眠をとりましょう。

カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーで代用という方が多いです。

その一番の理由として、体にとっていい効果があるためです。

例を挙げると、冷え性、または生理不順を改善させることです。

その他、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそれを発散する効果があるそうです。

妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないと誰でも知っていますが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで精子卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。

受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、葉酸の役割が重要になってきます。

ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、胎児が健康に育って、無事に生まれてくるためにもたくさん必要な栄養素のため、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。

妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。

ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。

しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってください。

貧血になってしまうのは摂取よりも消費される鉄分が多いからだと思われがちですが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、どんな場合でも鉄分が足りないことが貧血を引き起こすとは言えません。

葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、鉄分と並行して葉酸を摂るとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。