葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切なのは葉酸の摂取です。

きちんと葉酸を摂ることで、胎児の発育がある程度助けられますし、お母さんが健康に過ごすためにも大事な栄養素だと言えます。

普通の食生活では、所要量の葉酸は毎日摂り続けるのも大変です。

食事だけで摂ろうと考えるよりサプリメントなども活用しましょう。

多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。

妊活をしている人にとって冷えは天敵で、体を冷えないようにすることも、妊活において最も重要なことの一つです。

そんな時、冷えを改善させる効果があるのは、腹巻や冷え取り靴下といったグッズです。

実際に、このようなものを使ってから、赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと考えられます。

妊娠しやすい体づくりのために、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素が増加し、そのことが原因で、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

年齢が上がっていくと同時に衰えていく性機能を少しでもキープするため、がんばって妊活をしている時は睡眠不足をさけるようにしましょう。

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはちょっとしたコツがあります。

具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によってどうしても加熱の必要がある時には出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。

いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを利用するのが一番簡単だと言えますね。

先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するため妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。

女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。

葉酸は水溶性で熱に弱いので普通の食材を普通に調理しているならば葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。

サプリメントなどで不足分を補うようにして所要量を満たせるだけの葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。