葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。ですが

妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。

妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分け法を実践しました。

その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしばらく経って、所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら一日でも早く葉酸摂取を始めてください。

母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには葉酸が常に欠かせません。

様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、葉酸不足の心配があれば、すぐに動き始めて妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう必要な手を打っていくことが求められます。

私は病院ですすめられ、妊娠してからすぐにサプリで葉酸を摂るようになったのです。

飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では妊娠判定の席で言われたのですが、では、いつまで飲めば良いのかとは言われた記憶がありません。

私の場合、1袋飲んだ後で次を買いませんでした。

しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。

妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。

よく言われているように、喫煙によって体にマイナスに作用して健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。

喫煙の影響は女性だけの問題ではなく男性も当てはまります。

女性は排卵障害、男性は精巣機能低下が報告されています。

ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。