葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの一種として、葉酸は人間が毎日

ビタミンの一種として、葉酸は人間が毎日摂らなければならないものです。

サプリなどの服用は、普通の食生活を送っている方には不要ですが先天性の障害などを防ぐため、妊娠初期は葉酸をしっかり摂らなければならないので所要量の葉酸を毎日しっかり摂らないと葉酸が足りないことになってしまいます。

葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、なるべく、妊娠に気づいたらすぐ服用を始めるのが胎児の発育のためには良いでしょう。

また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、葉酸というビタミンが大事な役割を果たします。

女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを近年は厚生労働省も推奨しているのです。

葉酸は水溶性で熱に弱いのでごく当たり前の食事をとっている限り妊娠している女性の所要量は満たせません。

サプリなどを補助的に使って、リスク低減ができるくらいの葉酸を効率よく摂っていきましょう。

妊娠してから便秘がちになったという方がけっこう見受けられます。

便秘にならないようにするためにも、腸内環境が正常でないとあらゆる栄養素がうまく吸収されないことになります。

腸内細菌の働きで、葉酸をはじめとした栄養素が吸収が進むわけで葉酸を中心とした栄養素の効果を期待するのなら、腸内環境をきちんと整えることを意識することが求められます。

妊活とはどういう活動を指すかというと、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。

もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠するということはないわけで、子を授かりたい夫婦にとっての確率を上げるための活動ということになります。

それと同時に、健康な子供を授かるために行われる、様々な活動も含んでいます。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすい特長があります。

また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いのでうまく調理していかないと葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。

けれども、生の食材を大量に食べるのはなかなか難しいですよね。

このことを踏まえるなら、調理中もさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが食材から葉酸を効率よく摂るために欠かせないと言えます。