葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質があ

ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質があり毎日の食事だけで所要量を摂ることは難しいので、補助的にサプリなどを使っていきたいものです。

サプリメント葉酸を摂る場合、製造過程で非加熱のものを探すことが必要だと言えます。

その成分が自分の身体を構成していくので原料が天然のものに由来していることや、必要のない添加物がないことという安全面もよくチェックしてください。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。

葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリメントであれば簡単に摂取できます。

どうしても女の子が欲しかったので、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを全部調べ上げました。

例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、後は実践あるのみでした。

あれこれ試している中で新しい命を授かって、普通の食事をとれなかったときも葉酸の摂取だけは続けていたおかげか待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、どの本や雑誌を読んでも妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば胎児がすこやかに発育するのには最も良いという点がみんな同じだったので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、一度にたくさん摂らなければどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。

妊娠を望んでいる方は栄養不足にならないよう注意したいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンである葉酸は過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすいなかなかやっかいな栄養素なのです。

モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどにもたくさん含まれています。

葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。