葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもし

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害や子宮の機能が落ちるといった報告があります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血行不順を緩和して自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

葉酸サプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期に入った頃、突然、カルシウムも摂取しなければと思って牛乳を毎日大量に飲んだのです。

自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、お腹の調子が悪くなってしまいました。

妊娠後期には、今度は貧血と診断されてヘム鉄の配合された薬を服用しましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

さて、基礎体温表を作るにあたっては、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というお約束がありますから、それに従って毎日続けるのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。