葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

上の子が男の子でしたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。

漢方は妊活に使われることもあります。

漢方による体質改善効果で身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。

この頃は大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので簡単に買えるようになりました。

いくらぐらいかかるか心配だという場合は、不妊治療に漢方を処方している病院の受診をおすすめします。

診察を受けなければなりませんが、健康保険を使うことが出来ます。

妊娠中の女性にとって、葉酸の欠乏は赤ちゃんの順調な成長が妨げられる可能性を高めます。

ことに神経管閉鎖障害という異常を起こす結果になることがあり、重い障害の例では無脳症となって、流産、死産という結果をもたらします。

発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠の判明後すぐに意識して摂ることが望ましいのです。

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがすっかり一般的になりました。

赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、お母さんが健康に過ごすためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。

どの時期に、葉酸が最も必要になるかわからなくなってしまうかもしれません。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。

出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。