葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下

お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、ビタミンB群である葉酸の効果が認められています。

妊娠したら葉酸を多めに摂ることを最近になって厚生労働省でもすすめるようになりました。

上手に葉酸を摂るためには、普通の人の、一般的な食生活では葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。

サプリなどを補助的に使って、妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは継続して摂取することが望ましいです。

不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、妊活が長くなってくると、心も体もすり減ってきます。

そこで、期間を定めて、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうと最初にしっかり話し合っておくことが最も上手くいくかもしれません。

期間を設けることで、夫婦2人でよくよく考えて決めたことだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離せない関係の二つです。

なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

この話はもちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けてください。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、好きな飲み物がコーヒー系の飲料で、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。

カフェインには体を冷やす作用があります。

体の冷えによって血行が悪くなってしまい、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮の動きが悪くなってしまいます。

コーヒーなどといった飲み物がお好きだったとしても、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。