葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取

近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際にサンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

水溶性ビタミンとして、葉酸は食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。

また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いのでどのように調理するかによって摂取量が半減することもあるくらいです。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのはほとんどの方には不可能です。

ですから、調理の時も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、リラクゼーションも期待できます。

冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。

というのも、コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。

すなわち、体の冷えが禁物の妊活中には控えるに越したことはありません。

ですが、今までコーヒーをいつでも飲んでいて控えると逆にイライラするという場合は、ストレスを無くすことを優先して、1日あたり3杯を限度として飲んだ方が健康的だと言えます。