葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

貧血になってしまうのは鉄分の摂取不足によると思う方が多い

貧血になってしまうのは鉄分の摂取不足によると思う方が多いかもしれませんが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分の摂取不足のみが貧血を引き起こすとは言えません。

現実には、葉酸が足りないために起こる貧血もかなりあるので鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は意識的に葉酸を摂るようにすると良質の赤血球が増えてくる可能性もあります。

洋食のみならず、和食でも使われるようになったクリーミーな食材として知られるアボカドは、葉酸というビタミンが多く含まれる食材です。

人の身体にとって、葉酸はいろいろと役に立っています。

鉄分とともに貧血防止に役立つ、また妊娠初期には胎児に十分に栄養素が届くようにするなど、いつでも誰でも摂らなければならないビタミンなのです。

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が多いのではないでしょうか。

知っておくと役に立つのは、何を食べれば、葉酸が多く摂れるのかです。

名前の通り、葉酸は野菜の中でも葉物に多いとされます。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安く産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。

食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようです。

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、不足するよりは多く摂った方が良いとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方もいそうな気がしますが、葉酸を一度に多量に摂ると思わぬ落とし穴があります。

多くは発熱、じんましん、かゆみなどですが、最悪の場合、呼吸障害を起こし、命に関わる重症例もあります。

1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限です。

食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。