葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、他の栄養素と同様、妊娠

葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると不足にも過剰にもならない量です。

葉酸の重要性は知られていますが、過剰摂取も問題があります。

所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を引き起こした例も報告されており、たくさん摂れば良いというものでもないのです。

みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリを飲むことも間違いではありません。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。

必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。

ですので、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。

簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

いわゆる貧血が起こるのは鉄分の不足によるものだと思われがちですが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされ鉄分が足りないことだけが原因だとするのは間違いです。

良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないのでいくら鉄分を摂っても貧血が良くならないケースでは、葉酸も強化して摂取することでヘモグロビンを多く含んだ赤血球が増える可能性もあるでしょう。