葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素

お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。

母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、出産後の母子双方にも必要なものです。

妊娠初期は胎児の細胞分裂が非常に盛んで、このときに葉酸が重要な役割を果たすので、妊娠したときのために、その前から葉酸を積極的に摂り続けるとより効果は上がると言えます。

葉酸の多い食材を毎日摂るのはちょっと大変なので、サプリメントや錠剤、特定保健用食品を適切に使っていきましょう。

妊娠した女性にとってすこやかな子供の発育のために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。

名前の「葉」から連想して野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが意外なことに、果物にも多く含まれていて、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので何が葉酸を多く含んでいるか知っておき毎日の献立の中に上手く取り入れてください。

葉酸は、特に妊娠初期に必要だというのはかなり知られてきましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸は母子ともに重要な役割を果たしています。

葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって意識して摂取するのが一番良いでしょう。

女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないとお腹の中で胎児が順調に育たない危険性もあります。

とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こしてしまうことがあり、重篤なケースでは無脳症になり最終的には流産や死産になるのです。

このような障害のリスクを下げるために、葉酸は妊娠初期こそ十分に摂らなければなりません。