葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児に異常や障害が起こ

女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児に異常や障害が起こる原因となる危険性が増します。

神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を起こす結果になることがあり、障害が重いと無脳症になるため流産、死産という結果をもたらします。

このような障害のリスクを下げるために、葉酸は妊娠初期こそ十分に摂らなければなりません。

私は妊活中は是非カイロを使ってほしいです。

靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、私は冷え性持ちなのですぐに体の末端から冷えてしまうものでした。

これでは妊娠しにくいのも当たり前ですよね。

ですが、友人のアドバイスでカイロを使ってみたところ、冷え性が改善しました。

いうまでもありませんが、皮膚に直に貼るのではなく、服の上からの利用は、妊活中の人にはすすめたい方法の一つです。

妊活をしている方は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。

野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温める作用があります。

また、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった旬が夏の野菜が挙げられます。

果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。

今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。

例えば、妊娠前から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。

葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを利用すれば良い方法だそうです。

葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。