葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸とは、赤ちゃんが育つために重

葉酸とは、赤ちゃんが育つために重要な役割を果たす栄養素の一つです。

葉酸は赤ちゃんが母体内で育つのに重要な役割を果たすだけでなく、生まれた赤ちゃんと授乳中のお母さんに欠かせない栄養素の一つでもあります。

妊娠初期は胎児の細胞分裂が非常に盛んで、このときに葉酸が最も盛んに使われることになりますから、理想的には、妊娠前から継続して意識して葉酸を摂るようにすると妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。

妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、必要な量を摂るために、サプリメントなどを活用していくのが賢明です。

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。

その一つの理由は、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。

挙げられるものとしては、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。

また、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。

妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそのストレスを解消させる働きがあります。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。

葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいらっしゃいますよね。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。

それは長すぎるというならば、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは葉酸の摂取を意識してほしいです。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなくお母さんにとっても重要な栄養素です。

欠乏による病気や不調を起こさないように摂取に努めて欲しいと思います。

二児の母です。

妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

長男を出産した後でしたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。

主人も待望の女の子という事で大喜びでした。