葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠する前も妊娠中も同様になるべく、体に悪い影響をもた

妊娠する前も妊娠中も同様になるべく、体に悪い影響をもたらすものを取り除いていかねばなりません。

なので、たばこを吸わないよう心掛けましょう。

タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが健康を損ねる恐れがあります。

現時点で喫煙をする人は妊活と同時に禁煙もおすすめします。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

お子さんをほしがっているご夫婦に、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためにはこの栄養素がどうしても必要なので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。

不足がちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、とにかくたくさん摂れば良いと大量摂取に走る方もいてもおかしくありませんが、所要量を大幅に超える葉酸を摂り続けると身体には害になります。

大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こすケースもあるのです。

成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、サプリメントの大量摂取には要注意です。

初めての妊娠に気づいたときから極力身体に良いことをするように努めました。

妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いと母も医師も同じことを言っていたからです。

いろいろなサイトや雑誌をチェックすると、葉酸は赤ちゃんの発育にとって大事と書いてあったのでサプリメントで、葉酸を補うことにしました。

つわりのため食事ができないときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため食事をとれないときも飲めて安心できました。