葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

友人は妊活していた頃の話だったと

友人は妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を欠かさず服用していたようでした。

その子の話によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全性が高いのではないでしょうか。

彼女は漢方を続けていたようです。

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

葉酸は、特に妊娠初期に必要だというのはずいぶん知られるようになりましたが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで葉酸は母子ともに大事な栄養素に他なりません。

出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。

このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって継続して摂っていくべきです。

ちょっとでも早く子供が欲しいと妊活する場合、栄養に留意することはとても大切です。

肥満はよくないですがダイエットという考え方は一度忘れ、栄養摂取を確実に行うよう努めてください。

おやつを食べることも栄養補給の一環と考えて食べ過ぎさえしなければストレスを緩和するのにも良いと思います。

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの一種である葉酸が特に必要です。

最近知られてきましたが、葉酸は胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、サプリメントで摂取しても問題はないので野菜をたくさん食べられない方や野菜を避けてしまう方にはぜひとも使って欲しいものです。

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。

ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食生活を送っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。