葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ところで、葉酸とはどのような栄養

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。

十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならばサプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。

赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。

タイミングを見計らって努力しても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。

でも、どうせ摂取するならば、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できるなら、さらに良いですよね。

あまり知られていないのですが、果物によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。

代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。

季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

中でも特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も重要なポイントだと言えます。

今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、葉酸をしっかりと摂取することが大切です。

今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。

代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですからおススメですね。