葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中の女性には葉酸を欠かさず摂ることが必要です。最大

妊活中の女性には葉酸を欠かさず摂ることが必要です。

最大の理由は、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低下させる効果があるからです。

ただし、過剰摂取したときの影響が悩ましいところです。

葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の発症を招くことがあります。

摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。

妊娠中の全期間を通して胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。

「葉」がつくくらいですから、野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが本当は果物からもたくさん摂取できるもので、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。

妊娠中は、通常のほぼ倍にあたる量の葉酸を必要とするのでどんな食材に多く含まれているかを知って、毎日の献立の中に上手く取り入れてください。

葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに多く含まれるものです。

しかし葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、継続して摂るのはなかなか難しいのです。

きちんと葉酸を摂り続けるためには、食べ物だけで毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。

食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。

栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、多めに摂ることを妊娠初期から心がけるべき、重要な栄養素なのです。

数え切れないくらいのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、買うときに大事なのは、配合されている成分を全て確認することです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので極力、添加物や香料を使っていない身体に優しい製品を探しましょう。

時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方が案外多いようです。

便秘にならないようにするためにも、腸の中で細菌が正常に働いていないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素はうまく吸収されないことになります。

腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は体内に吸収されるので、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも考えた方がいいでしょう。