葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。

とはいえ、つわりや体調によっては、食べ物から摂るのも難しい、なんてこともあると思います。

そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。

葉酸サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば理想的な量の葉酸を補給することが出来ます。

私は病院ですすめられ、妊娠してからすぐに葉酸サプリメントを飲むようになりました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと急がされましたが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては一切話がありませんでした。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントは終了にしていました。

最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、葉酸サプリをまた飲むようになったのです。

葉酸サプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。

当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」という意見でした。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。

サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒が翌日以降も残ることがなくなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。

妊娠初期に特に多く摂りたいと言われるのが、葉酸というビタミンです。

さて、葉酸を多く含む食品というと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。

また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。

毎日、少しずつでも意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食にはちょうど良いと言えます。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、意識して摂取していきたいですね。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、さまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。

その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。