葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

栄養状態の改善や、適切な運動の励行とい

栄養状態の改善や、適切な運動の励行といった妊活を継続して行っていると、そのうち疲労感が増してくる方もいるだろうと思います。

そんな場合には息抜きのためにいわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。

物は試しで、神様に頼んでみることも結果として元気が出ることになるかもしれません。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

自治体の助成金制度を利用しても、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に蓄積するということはありません。

とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、規定量を必ず確認しましょう。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

妊活で大切なこと、それは何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。

きちんと基礎体温を測定することによって今、身体がどんな状態であるのか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど知っておきたいことがわかります。

ついでにいっておきますと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。