葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊でクリニックに通うのはお金がかかり

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

行政からの助成金があるものの、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる自治体が多いですね。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。

今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、落ち込むことが多くなりました。

妊活中に黒豆茶を摂取することは、賢い選択だと言えるでしょう。

なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊娠中や妊活中であっても安心して飲めるお茶ですし、黒豆茶に含有しているイソフラボンが女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。

よく知られているように、イソフラボンを摂ると体のバランスを整えてくれますから、積極的に温めた黒豆茶を飲みましょう。

自分の子供を持ちたいと妊活を継続している方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。

具体例として、鎌倉の長谷寺というお寺は、子宝に縁があるお寺で、そこにおいてあるお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。

さらに、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。

サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は意識して妊娠初期に摂取することで細胞分裂の障害を防ぐなど順調な発育を促す作用があることが通説になっています。

葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。

上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日コツコツ摂取することをおすすめします。

葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、妊娠していない人より多くなり、倍近い480μgの摂取が最もよいといわれています。

栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。

大量の葉酸を摂り続けると全身の症状として、発熱やかゆみなどを起こす危険もあるとされるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。