葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われ

妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、葉酸というビタミンです。

さて、葉酸を多く含む食品というと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。

加工食品の中では、納豆に多く含まれます。

また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。

食生活の中に上手に取り入れ、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食にはちょうど良いと言えます。

葉酸を強化した食品は特定保健用食品であることをマークで示しています。

これは消費者庁認可のマークで、食品について申請に基づいて審査をして食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。

この特定保健用食品のマークがあれば消費者庁の認可を受けていることの明示になっており、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも選択の目安として知っておくと便利です。

ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが問題ありません。

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、不足しやすいものです。

普段の食事で得られる量では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが販売されています。

サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。

葉酸の含有量が多い食材としては葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますが身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、葉酸を多く含む食材にこだわるというのはちょっと考えられない話です。

葉酸が多い食材をまとめて食べるためには、スムージーがオススメです。

ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に飲みやすくするための果物、水分を入れれば作るのも簡単、飲んでも美味しいスムージーが完成します。