葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話が広く知られるよ

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話が広く知られるようになりました。

赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも必要な栄養素として認識されています。

それでは、いつ必要になるのかとわからなくなってしまうかもしれません。

葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。

出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。

長男が生まれていましたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。

妊娠が発覚した後、性別が確認されるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。

貧血を起こす要因と言えば、食事の中で鉄分を摂れていないからだと思う方が多いかもしれませんが、実際は様々な原因による貧血があり、鉄分の摂取不足のみが貧血を引き起こすとは言えません。

現実には、葉酸が足りないために起こる貧血もかなりあるので鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、いろいろな形で葉酸を摂っていくとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。

妊活時はひときわ、出来るだけストレスを溜めこまないことが不可欠です。

その観点から行くと、お風呂でリラックスすることは大切ですが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くと熱めのお湯に長くつかるということは避けましょう。

意外ですが熱は、人体に負担を掛けます。

妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにハーブティーがよく飲まれています。

その一つの理由は、ハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。

挙げられるものとしては、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。

また、ストレスを緩和させる作用もあります。

妊活している間は特にストレスを溜めてしまわないよう注意しなければならないのですが、そのストレスを解消させる働きがあります。