葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

子供が少ない家庭が増加して赤ちゃ

子供が少ない家庭が増加して赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医学の現状では、確実な産み分け方法は明らかにされていません。

そういったことはよく分かっており、それにもかかわらず、諦めるわけにはいかないという事であれば以下に記述することをやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。

葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

ですから、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。

具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。

妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみてくださいね。

妊娠初期には積極的に摂って欲しいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。

さて、葉酸を多く含む食品というと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。

納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。

葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、日々の食事で、少量でも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。

果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるのでおやつならイチゴが良いでしょう。

多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。

冷えは妊活には禁物で、体を冷えないようにすることも、妊活で大切なことです。

そういうわけで、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。

これらを使ったことで自然に妊娠したという報告も多く、簡単であり、なおかつ効果のある妊活と言ってよいでしょう。

葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、妊娠中期にさしかかってから赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、毎日たくさんの牛乳を飲みました。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて却って体調が悪くなってしまったのです。

妊娠後期には、今度は貧血と診断されて産院で出された鉄剤を飲むことになりました。

妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れるマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。