葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も決

妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も決して珍しくありません。

頭に入れておいて欲しいのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。

葉酸という名から考えても、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。

実はマンゴーにも豊富に含まれており、マンゴーが出回る夏に妊娠の診断を受けた私は、お医者さんにも言われて、食べるようになりました。

食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようです。

葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠前と比べて増加します。

妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ最もよいといわれています。

葉酸の重要性は知られていますが、摂りすぎには十分注意してください。

葉酸を過剰に摂ることで身体症状である発熱やかゆみなどを生じる危険性もあるためサプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。

私は妊活中は是非カイロを使ってほしいです。

靴下を2足重ねて履いたり、インナーに分厚いものを着たりと工夫しても、私は冷え性なので全く効果なく、末端から冷えていました。

こんなことでは妊娠しにくいのも当然ですよね。

けれど、カイロを使うことによって、冷え性が改善したのです!低温ヤケドしてしまうので、直貼りは禁物ですが、服の上から貼れば、妊活にも役立てられるはずです。

本格的に妊活を始めようとしている方は、きちんとした専門機関で不妊検査を受けましょう。

特に異常が発見されなくても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、基礎体温から排卵周期を知って性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえます。

妊娠を考えている方は産婦人科に行って検査を受けてくださいね。

あなたは布ナプキンを知っていますか?布ナプキンと聞くと、使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、となかなか使う気になれないという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、布ナプキンはその名の通り布でできているので、ムレ、またはかゆみのような不快感が減少しますし、冷えからも守ってくれます。

このことから、ストレスを減らし、体を冷やしにくくするという妊活をされている女性にはとても大事である子宮環境の向上に一役買います。