読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

子供を産みたいと妊活を継続している方は、思い切ってお

子供を産みたいと妊活を継続している方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。

具体例として、長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、このお寺で扱われているお守りは、妊活中の気分をリラックスさせ安心することができるでしょう。

その他、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。

たくさんの女性が「自分のことを冷え性だと感じている」というデータがあります。

妊活中の冷えは本当に禁物で、体を冷えないようにすることも、重要な妊活のポイントだと言えます。

そういうわけで、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。

これらは冷えの解消に効果があります。

実際、これらを使うようになって自然に妊娠したという報告も多く、簡単であり、なおかつ効果のある妊活と言ってよいでしょう。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

高齢出産などがその要因に挙げられますがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても間違いはないのです。

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって精子の質を高めることを助けてくれるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。

妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、産婦人科などの専門機関を受診して不妊検査を受けましょう。

体に問題が発見されない場合でも妊娠に適した体づくりのためのアドバイスや基礎体温から排卵周期を知って妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスもしてもらえますので、安心です。

実際に妊娠する前から自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。