読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活時にひときわ、注意したいのは、ス

妊活時にひときわ、注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスがあると筋肉は緊張して、全身の血液循環を悪くします。

それが原因で、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

もしも働いている女性で、大きなストレスがかかっており、生活習慣も乱れがち、といった場合は、この際、休職してしまうことも一つの選択として考えてみてください。

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、ある栄養素を摂るためだけに特定の食材だけ毎日食べていくというのもちょっと考えられない話です。

上手に葉酸を摂れる方法の一つにスムージーはいかがでしょうか。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜やりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。

妊活の結果が長らく出なければ、心身ともに耗弱してしまいます。

生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいますのでずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。

なので、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。

本当に、妊活を休んですぐ妊娠できたという場合も多いです。

自身の年齢も考慮に入れ、担当医ともよく話し合ったうえで、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。

たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は服用しても大丈夫です。

その一方で注意すべきは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。

けれども、副作用のリスクは避けられませんから、どのような薬を服用する場合でも、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが良いでしょう。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。

この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。

タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

造血作用で血液が増えることで、新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊治療に役立つのです。