読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは

あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。

もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠が成立するということはなく、子供を産み育てたいという夫婦にとって、確率を上げるための活動ということになります。

それと同時に、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われる種々の方法のことも指していいます。

カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中には避けたいですよね。

そういった場合に、ハーブティーで代用という方が多いです。

何故かというと、まず一つは体にいいということが言えます。

代表的なものを挙げると、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

他にも、効能として、リラックスできるというものもあります。

妊活している時はストレスを溜めないのが一番ですが、それを解消してくれるのです。

現在の日本においては妊活でつらい思いをされているというご夫婦が少なくないでしょう。

社会的にも少子高齢化問題が深刻化する中、子供を作りたくてもできず、悩まされているご夫婦は割合的には増加しています。

国がさらに一致団結してもっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国に変化していくことが望まれます。

不妊体質とストレス。

この二つは密接に関わっています。

生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

ときには友人や家族の励ましや、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。

治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

赤ちゃんが欲しいと思っている方は必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンである葉酸は毎日補充しないと不足してしまう栄養素だということを頭に入れておいてください。

モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。