読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ご夫婦で妊娠を考え始めた際、摂って

ご夫婦で妊娠を考え始めた際、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのには陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。

一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が落ちるといった報告があります。

こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。

血液の循環を良くして新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していくことが大事な栄養素です。

どこの製薬会社や健康食品会社からも主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、肝心なことは、選ぶときに葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、できるだけ無添加無香料の安心して摂れる製品を選んでください。

本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも全身の細胞分裂が活発に行われる中で外界に適応するべく成長するのです。

そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。

また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠前から授乳が終わるまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。

食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、レバーや枝豆など、いろいろありますが、いくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、ある食材ばかり食べ続けるのも普通の人には耐えがたいことでしょう。

葉酸が多い食材をまとめて食べるためには、スムージーはおすすめできます。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や味をマイルドにするための果物、さらに水分を入れて、誰でも簡単に作って飲めるのです。