読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。

サプリを活用してみるのが良いと思います。

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

亜鉛が卵巣に働きかけ、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって精子が活性化することを手助けしてくれるという訳です。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみるのが良いと思います。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

妊婦と赤ちゃんのために必要な栄養素である葉酸は、ゴーヤーにも多く含まれているのはご存じでしょうか。

葉酸を摂ることを目的として上手にゴーヤーを食べて欲しいと思いますが、食べ過ぎも害になることがあります。

極端なゴーヤーの摂取によって、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が起こる羽目になりかねません。

そうした消化器系の不調は赤ちゃんがストレスを受けることにもつながってしまいます。

妊活というものはつらいことも多々あるため心も体もダメージに弱くなっています。

妊活も長くなってくるとうつ状態になってしまう場合もあります。

妊娠の最も妨げになるものはストレスとも言われています。

事実、不妊治療をしなくなってストレスがなくなり間もなく赤ちゃんが出来たという話はよく耳にします。

妊活を行うことによってかえって負担になってしまうことのないよう大事なことはストレスを上手く解消しつつ続けることです。