葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。

葉酸単体での吸収率は低いために、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。

でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どの成分に注目すればよいのか分からないですよね。

総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、総合サプリを選んでみることをおススメします。

いわゆる不妊症の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが考えられるでしょう。

原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが必要です。

マカというサプリメントは、とりわけ男性のスタミナアップという部分にばかり注目されるサプリですが、それだけではありません。

妊活中の女性の、体の血の巡りを良くする効果があり、妊娠しやすい体を作るためには有用です。

さらに、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、基礎体温の波形も正常になって、体内環境を改善することに一役買います。

流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することは合理的な選択だと言えます。

黒豆茶はカフェインを含有していませんから、妊活中であっても問題なく飲むことができますよね。

それに、イソフラボンという黒豆の成分が妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。

イソフラボンを十分に摂っておくとホルモンバランスを正常に整えてくれる作用がありますので、積極的に温かくした黒豆茶を飲むことをおススメします。

そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら栄養の不足や偏りに注意すべきですが、中でも葉酸が足りないことで、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを忘れないで欲しいのです。

モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどからもたくさん摂取できるため、意識して毎日食べるようにすると、葉酸不足に陥ることは少なくなります。