読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働き

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。

ですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーのような飲み物が好きで、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。

コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やしてしまうという効果を持ちます。

体の冷えによって血行が悪くなってしまい、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮の働きを低下させることにも繋がります。

コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

妊娠初期は特に注意が必要だと母も医師も同じことを言っていたからです。

多くの本や雑誌、インターネット上の記事に葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、サプリメントで、葉酸を補うことにしました。

食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリメントは薬ではないので食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。

積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも良い効果が期待できます。

とはいっても、ただ摂取するのではなく、より妊活のためになるような果物の摂取が出来るのが理想的だと思いませんか?調べてみてわかったのですが、果物には冷えをとってくれるものが存在します。

具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。

生の状態でももちろん、加工されたドライフルーツでも十分です。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が生まれてくる子供のうちの、約4%です。

高齢での出産など、様々な要因が考えられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが最近有名になってきた葉酸です。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、妊娠がわかったときから、葉酸は一番大切な栄養素だと言い切っても全くオーバーではないのです。