葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

冷え性は不妊を招くと言われています。

冷え性不妊を招くと言われています。

体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ちるといった報告があります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血行不順を緩和して自律神経に働きかけ、ツボ刺激による癒し効果もあります。

冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。

いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、大切なのは葉酸の摂取です。

きちんと葉酸を摂ることで、胎児の発育が手助けされますし、母体の健康を維持するためにも重要な役割を果たす栄養素なのです。

葉酸はどうしても、普段の食事だけでは十分に摂ることが困難です。

食事だけでは摂りにくい分は必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。

友人は妊活を頑張っていた頃、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

その子の話によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

漢方だったら安全に服用できると思います。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。

妊活中に黒豆茶を摂取することは、合理的な選択だと言えます。

なぜなら、黒豆茶はノンカフェインのお茶ですから、妊娠中や妊活中であっても安心して飲めるお茶ですし、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が女性ホルモンと似た作用が働く可能性があるからです。

イソフラボンを摂取しておけば肉体的にも精神的にも、バランスを図ってくれますので、日々の生活の中であたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。

子供を授かるために妊活に努める方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。

例を挙げると、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。

そこにおいてあるお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。

それ以外にも、パワーストーンなども妊活のお守りとして使われていますから、複数のアイテムを持ってみてもいいと思います。