読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹の中の赤ちゃんが健康に育

お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにも、妊活中の段階から十分な摂取が求められている葉酸についてですが、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。

それに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12の値があります。

というのも、葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。

なかなか妊娠に繋がらないと、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。

生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、そのままでは悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

そういうわけで、妊活を一度お休みするのも手かもしれません。

事実、妊活休止後、間もなくして妊娠することが出来たという人はよくいます。

ご自身の年齢や、医師と相談の上、一時的に休んでみることもいいかもしれません。

サプリメント葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、問題なく妊娠中期に入った直後に赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、牛乳を毎日大量に飲んだのです。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤のお世話になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリを探して飲むべきでしたね。

皆さんご存知のように、妊活中の方にとっては体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。

体が冷えてしまうと血行不良になって、妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させている可能性があります。

多くの場合、冷えは足先から感じるようです。

いま、冷えに悩まれている方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めながら、冷えを改善して血行を良くするようにすると良いでしょう。

賛同者はきっと多いと思うのですが、カイロを上手く使うことで妊活に役立てられると思います。

靴下の2足ばき、分厚いインナー、などなど努力しても、私はひどい冷え性ですので努力もむなしく体の末端がすぐに冷えてしまいます。

こんな状態だと妊娠は難しいでしょう。

しかし、雑誌で読んでカイロを使ったらなんと、その冷え性が改善してしまったのです。

低温ヤケドしてしまうので、直貼りは禁物ですが、衣類の上から貼って使っていれば、妊活にも有効なはずです。