葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では出生数全体の約4%とされています。

奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だといえます。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、葉酸はあらゆる妊婦にとって特に必須のビタミンだと断言しても問題ないと思ってください。

夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、先に婦人科などで不妊検査を受ける事が理想的です。

なぜかというと、検査を受けておけばもともと妊娠しやすい体なのか、そうではないのかといったことを早い段階から確認しておくことが出来ますから、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。

検査によって異常がないことが分かれば安心して妊活に専念できますし、元気な赤ちゃんを授かるうえでも欠かせないものですから、検査を受けない理由はないと思います。

今までと違って便秘しやすい、という妊婦さんは決して珍しくありません。

腸の動きを活発にし、便秘を解消するためには腸内環境が正常でないとどんなに栄養素を摂取しても腸から吸収されなくなります。

腸内細菌の働きで、葉酸をはじめとした栄養素が吸収され、体内で使われるため、葉酸を中心とした栄養素の効果を期待するのなら、腸内環境をきちんと整えることを意識することが求められます。

妊活で必要不可欠なことといえば何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。

基礎体温を測って分かることは身体の状態の把握が可能で、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など重要なデータを把握できるのです。

ちなみに言うと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることで知る事ができます。

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してください。

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって熱を通す必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。