葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。

産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。

もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。

ですから、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。

不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。

とりわけて適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は重要な効果です。

妊娠する可能性がある方は、葉酸を十分に摂ることがおススメです。

今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。

代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですからぜひサプリを活用してみてください。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーのような飲み物が好きで、飲み続けている方は注意が必要です。

皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、体を冷やします。

体内の冷えというものは血行不良を招いてしまい、妊娠するのに大切な、子宮の動きが悪くなってしまいます。

コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。

重要な葉酸の役割として、他の栄養素とともに血行を促進することがかなり知られています。

血行が悪くなると身体各部に悪影響があるもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでそのような症状に思い当たるところがあれば試しに葉酸を多めに摂るようにすると良くなるケースも結構あるようです。

このとき、ビタミンEも摂るようにすると血行改善効果は相乗的に高まると言われます。