読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

たとえ妊娠していなくても、妊活

たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は妊活中でも服用できるのですが、気を付けなければならないのはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。

とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、どのような薬を服用する場合でも、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心だと思います。

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

母子ともに健康な体でいるためにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。

厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするととても大変ですから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

熱に弱いという特長がある葉酸は、日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いためサプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

葉酸のサプリもいろいろありますが、葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることがポイントの一つに挙げられます。

自分の身体を作る栄養素を選ぶのですから、原料が天然のものに由来していることや、香料や着色料などが無添加であることなどの安全性にも気を配りたいものです。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。

当然のことですが、妊活中に体が元気であるということは絶対条件です。

健康の維持には何が大事かというと、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。

太り過ぎ防止の意味合いもあるのですが、血行を良くして、体の栄養分のやりとりをスムーズにさせるということも大きな目的の一つです。

具体的にすべきことを挙げるとすれば、きつくない程度のウォーキング等が最適です。