葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えること

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、適度に体を動かすことは、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。

暑い時期には自然とよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、普段はもちろん、妊活している時にはできるだけ体の熱を奪うような飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。

生活全般で常に体を温めることを意識しましょう。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の他の栄養素とともに血行を促進することが特に大事な役割です。

末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでなかなかそれらの症状がよくならないというなら、葉酸の摂取量を増やすことを考えてみると症状が軽くなることもあるとされます。

ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで相乗効果が期待できると覚えておいてください。

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。

妊活をしている人にとって冷えは天敵で、体を冷やさないようにすることも、重要な妊活のポイントだと言えます。

そんな時、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。

事実、これらの使用により赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと言ってよいと思います。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要不可欠な栄養素です。

なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。